蟹についている黒いツブツブ「カニビル」とは?

 

旅行先の旅館で食べる「蟹」、自宅で家族と食べる「蟹」、かにはどこで食べても美味しいですよね!
そんなみんなが大好きな蟹ですが、甲羅に黒いツブツブがついているのを見たことがないでしょうか?
たまに黒いツブツブの蟹に出会うことがあります。
その時は「何がついているのだろう…」「なんとなくこの蟹は嫌だな…」と感じていました。
そこで、この黒いツブツブの正体はなんなのか、ある蟹とない蟹で違いがあるのか、など探っていきましょう!

 

 

 

蟹の甲羅につく黒いツブツブは何!?

 

 

あの黒いツブツブはヒルの卵で、「カニビル」と言います。
ヒルの卵と聞くとぞっとしますが、人の体のように蟹の体液を吸うこともないですし、ついていても蟹自体には何の影響もありません。
カニビルは硬い場所に好んで卵を産み付けるのですが、泥が多い場所や海底近くに生息して硬い場所が見つからないこともあります。
そうなったときに蟹の殻は硬いので、そこを選んで甲羅に卵を産み付けているのです。

 

 

 

カニビルがあるかには美味しい!

 

蟹の甲羅にある黒いツブツブはカニビルで、蟹に影響がないことはお話ししましたが、カニビルがあるかないかは、実はカニを選ぶポイントになるのです。
結論から言って、カニビルがついているカニは美味しいのです!

 

 

 

なぜなら、カニビルがついている蟹は脱皮してから時間が経っている証拠だからです。
蟹は年に何度か成長とともに脱皮をするのですが、脱皮は蟹にとって体力をすごく使うもの。
だから脱皮したての蟹は身があまり詰まっていないし、うま味もイマイチなのです。

 

 

 

カニビルがついている脱皮から月日から時間が経過した蟹は、身がしっかりと詰まっておりうま味もしっかりあるのです。
カニビルがついていればついている程、良いということになります。

 

 

 

まとめ

 

蟹の甲羅についているツブツブ「カニビル」について紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。
一見、避けてしまいがちなカニビルがついた蟹ですが、それこそ美味しさの証だったのですね!
これを知っているのと知らないのとでは蟹の目利きが違ってきます。

 

カニビルがついているか、ついていないかは、実はわりとメジャーな目利きの方法でもあります。

 

それ以外にも蟹の見分け方をこちらで紹介しているのでぜひ参考にしてくださいね。
 ズワイガニの通販なら北陸産がおすすめ?美味しい食べ方と目利きポイント

 

 越前ガニはズワイガニの中でも特に美味しい!?通販で選ぶときのポイントとおすすめの食べ方


関連ページ

蟹料理を食べてアレルギーや食中毒になることはある?
蟹料理を食べてアレルギーや食中毒になることはあるのかについてお教え致します。蟹料理を食べる時に気になるアレルギーや食中毒について知りたい方は参考にしてください。美味しく蟹料理を堪能しましょう。